アイデザイナーとして
はたらこう

美容師免許を活用しながら新しい働き方をしてみませんか?

最近では女性のおしゃれに欠かせなくなったアイラッシュやアイブローの施術。
これらの施術を行うアイデザイナーをQJナビでは応援します。

アイデザイナーの働き方

【アイデザイナーとは】
まつ毛エクステ・まつ毛パーマ・アイラッシュなど、まつ毛の施術を専門に行うスペシャリストのことをいいます。
【活躍の場】
まつ毛エクステ専門サロン、美容室やネイルと併設したトータルビューティーサロンなどがあります。
【必要資格】
アイデザイナーとしてまつ毛施術を行うには美容師免許が必要となります。
美容師免許を取得後、会社の研修制度を活用したり、スクールに通ったりしながら技術を身につけていきます。

アイデザイナーを募集している
企業もたくさんあります。


INTERVIEW

アイデザイナーとして活躍中の方に
インタビューを行いました!
今後のキャリアについても語っていただきます。

INTERVIEW

高山直子さん【前編】

アイデザイナー高山直子を作り上げたのは、大きな挫折だった

記事を読む

高山直子さん【後編】

「私が必ずかわいくします」高山直子が自信を持ってお客さまに対峙できる理由

記事を読む

NANAMIさん

アイデザイナーのおかげで人と関わることが好きだと知った。NANAMIがアイデザイナーをずっと続けたい理由

記事を読む

これを読めば

アイデザイナーの
仕事まるわかり!?
必要資格は?
美容師免許が必須。
日本まつ毛エクステンション認定機構(JECA)や日本まつげエクステンション協会(JLA)で資格も発行を行っており、資格取得者は優遇されることもあります。こちらの資格は持っていない場合でも施術は可能です。



アイデザイナー未経験でも働ける?
未経験でも働けるサロンもある。
ただし、以下のどちらかが必要です。
■サロンに就職をし、1ヶ月~3ヶ月研修を受けた後、お客様への入客開始(デビュー)
■アイデザイナーのスクールに通い、専門的な技術を身に着ける
※通うスクールやコースによって、費用や時間は異なりますが、相場では20~60時間、1時間あたり1万円です。安いところでは、50時間で30万円以内に収まる場合もあります。
アイデザイナーに向いている人は?
■美容師免許を活かせる方
・美容、とりわけメイクのトレンドに興味がある方。
・手荒れをしてしまった方や腰痛が酷くなった方。
・現在美容師免許を活用していない方。
■手元が器用/細かい作業が好きな方
・細かい作業工程を楽しめる方。
・一発勝負の作業を楽しめる方。
どんなやりがいがある?
■マンツーマンの接客
お客様のご来店から、お見送りまで基本一人で対応をします。(フロントがいるサロンもあります。)そのため、一人のお客様としっかり向き合い、施術することができます。
■デビューが早い
美容師と比較するとアイデザイナーは圧倒的にデビューが早いです。そのため、早いうちからお客様を持ち、施術することができるのもやりがいの1つです。
どんなキャリアアップができる?
■独立開業
美容師と比較すると、大規模な施設も要らず、一般住宅で開業もできるため独立しやすいと言われています。
※保健所に美容所の申請を行い、許可を得る必要はあります。
■認定講師
アイデザイナーは、技術取得を外部委託することも多いため、講師の仕事をする場所は用意されています。
※認定講師とは、日本アイリスト協会認定資格試験に合格した際に与えられる資格です。
アイデザイナーの収入事情は?
■基本給は美容師よりやや高め
アイデザイナーの基本給の平均月給21万円に対し、アシスタント(美容師)の基本給が約18万円(※リクエストQJナビ掲載企業、2018年10月15日時点)
若手美容師よりは圧倒的に給与も高いことがわかります。
■指名料と来店頻度の高さ
まつ毛施術は1ヵ月ごとに通う方も多いので、来店頻度も多く、指名料を頂きやすいです。ただし、客単価をあげるのは難しく、一定の売上から伸ばしていくのは難しい場合もあります。

 


アイデザイナーの待遇や休日事情は?
■休日・勤務日数について
一般的に月8日休みが多いです。リクエストQJナビで募集している企業では、完全週休二日制も多いです。基本土日は出勤ですが、平日にしっかりとお休みを取れるのは特徴です。
■手当て・待遇について
交通費支給や社会保険完備のサロンが非常に多いのが特徴です。待遇は一般企業と並ぶくらい改善してきています。
どんなやりがいがある?
■マンツーマンの接客
お客様のご来店から、お見送りまで基本一人で対応をします。(フロントがいるサロンもあります。)そのため、一人のお客様としっかり向き合い、施術することができます。
■デビューが早い
美容師と比較するとアイデザイナーは圧倒的にデビューが早いです。そのため、早いうちからお客様を持ち、施術することができるのもやりがいの1つです。
求人情報もご覧ください。